Dancing for the Dreams

maki0602.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 08月 09日

13 years


久しぶりにー。

綴っておきたいことは確かにあったのだけど
立場が変わったことで
うまく言葉に出来ないままに
日常に埋もれていってしまった感じ


今日は素直に書きたい気持ちになったから
久しぶりにPCに向かう
そう、携帯電話じゃなぜか書けない


父が他界して13年
13年前の今日の自分を思い出す
思い出したくないことまで思い出せるほど
記憶は鮮やかに蘇る
仕事も私生活も戦いだったな
父の姿もまた鮮明で
自宅にいる父も、病室の父も、交わした会話も
13年という月日の長さは
こんなものなのか


今の生活を
13年前の私は想像すらできなかったと思うけれど
毎日の稽古がなくても、舞台がなくても
ちゃんと笑っていられたね
一番怖かったこと、だったから


Dearパパ
パパが不在の世界は
いろいろがとても素敵な方向に変わったんだよ
きっと、知ってると思うけど


a0155144_09595623.jpg


# by makinakagawa | 2018-08-09 23:10 | | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 01日

巡る

あっという間に11月

書きかけて、そのままになっていた投稿がいくつも
行き場のない怒りや憤り
読み返してみて
今もその気持ちは変わらないけれど
そんなことに構ってなんかいられないわ
と思う自分がいた


みんなに好かれるなんて無理だし
そもそも失礼な人に
好き放題言われるのを我慢するつもりもない
私は、自分にとって大切なバレエを大切に教えている
いたってシンプル
夏から秋へと季節が巡って
それを貫く勇気が出てきた


みんな他人のせいにするから
環境のせいにするからややこしくなるんだよ
そんな程度じゃ、何かを極めるなんて到底無理な話
それどころか何にもなれないよ
そんな人が多い、すごく多い
極めるってことが
そんな簡単な訳ないじゃないか


11月の最初の日は
粕谷辰雄バレエ団の大先輩とのお別れ
4年前に倒れられてから
闘病生活を送っておられたと聞いていたけれど
久しぶりにお会いした先生は
私が良く知る、冗談の大好きな先生とは違っていて
流れた月日の長さにはっとする


告別式の帰り道
トカチンこと登坂先生の
「お〜真樹、いつ帰ってきたんだ」
という声が聞こえる様な気がして
ずっと空を見上げて歩いた
「また来シーズンも頑張れよ」て
肩をポンと叩きながら
いつも変わらずに力強く言ってくれた
そんなことに
どれだけ力をもらっていたか
そうか、もう会えないのか


人生には、確実に終わりがあるんだね
小さなことで迷ってる場合じゃない
大切なバレエ
先輩方に教えて頂いたことも
自分が学び、感じてきたことも
全部全部、全力で繋げていこう


登坂和弘先生
恩師粕谷先生や市川先生とも
きっと積もる話があるのでしょうね
心よりご冥福をお祈り申し上げます



a0155144_16004367.jpg





# by makinakagawa | 2017-11-01 16:19 | | Trackback | Comments(4)
2017年 07月 25日

ジャイロキネシス


免許更新のためのアップデート
3日間たっぷりと


鈍った身体は想像以上に言うことを聞かず
脳で生まれた指令が、どうにもこうにも届かない
力だけで外側が固まって
中に響いていかない


ああ、
こんなに、こんなに不自由なんて!


妊娠出産を経た身体の変化は
想像すら出来ないダメージが
そして、自分のことは最下位の毎日が生み出す歪みは
随所にしっかりと

そんなダメダメの身体でも
久しぶりにじっくり向き合う時間は幸せで
学ぶことが
学べることが楽しくて

ジャイロキネシスの素晴らしさを再確認
何よりも
どんな疑問にも寄り添い導いてくれる
心から尊敬できる師がいることに感謝


学んだことを
自分の身体に落とし込む作業
いつまでも産後ですじゃ困るものね
よし、頑張っていこう


すっと伸びた背筋と精神でいきたい



a0155144_17480239.jpg


# by makinakagawa | 2017-07-25 19:19 | ジャイロトニック | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 21日

Rainy Day


雨に濡れた紫陽花が
ひときわ生き生きと見える
季節が巡っていく実感


いつも何かに追われている日々
リマインダーに助けられながら
時間を見つけては、こなす
でも、こなしてもこなしても
新しい「すべきこと」がリストに加わって
結局ずっと追いかけられて、の繰り返し


不意に思い出した
オーストラリアでの生活
蒼い蒼い海を、飽きずに眺めたこと
よく冷えた白ワインと一緒に
時間なんてちょっとも気にすることなく
辺りが暗くなったら
ああ帰ろうか、みたいな


今とは
まるで対極にあるような生活を懐かしむ
そんなに遠い昔のことじゃないのにね
でも、戻りたいと思う訳じゃない


今の生活が
とても好きなんだけれどね
でもちょっと
温泉にでも行きたくなってきたかもなぁ
なんて思う雨の日




a0155144_00370648.jpg


# by makinakagawa | 2017-06-21 00:07 | | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 29日

The First Birthday


娘、1歳

何度も立ち上がっては
嬉しそうな顔をする
思い通りにならないと
汗だくになって号泣する
一丁前の小さい人

踊ること以外
何も欲しいと思わなかったけれど
もう貴女なしの人生は
考えられなくて

どんな子になるんだろうね
自我が芽生えてきた貴女を見ながら
未来を想う
健康で、優しい子でいてくれたら
それだけでいいな

命がけの出産から1年
「母になる」ということは
喜びも大変さも
何もかもが想像以上だった


みんなに、ありがとうの1年




a0155144_01095797.jpg







# by makinakagawa | 2017-05-29 23:42 | | Trackback | Comments(2)