Dancing for the Dream / fly from 水戸バレエ研究所

maki0602.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 07月 25日

ジャイロキネシス


免許更新のためのアップデート
3日間たっぷりと


鈍った身体は想像以上に言うことを聞かず
脳で生まれた指令が、どうにもこうにも届かない
力だけで外側が固まって
中に響いていかない


ああ、
こんなに、こんなに不自由なんて!


妊娠出産を経た身体の変化は
想像すら出来ないダメージが
そして、自分のことは最下位の毎日が生み出す歪みは
随所にしっかりと

そんなダメダメの身体でも
久しぶりにじっくり向き合う時間は幸せで
学ぶことが
学べることが楽しくて

ジャイロキネシスの素晴らしさを再確認
何よりも
どんな疑問にも寄り添い導いてくれる
心から尊敬できる師がいることに感謝


学んだことを
自分の身体に落とし込む作業
いつまでも産後ですじゃ困るものね
よし、頑張っていこう


すっと伸びた背筋と精神でいきたい



a0155144_17480239.jpg


# by makinakagawa | 2017-07-25 19:19 | ジャイロトニック | Trackback | Comments(1)
2017年 06月 21日

Rainy Day


雨に濡れた紫陽花が
ひときわ生き生きと見える
季節が巡っていく実感


いつも何かに追われている日々
リマインダーに助けられながら
時間を見つけては、こなす
でも、こなしてもこなしても
新しい「すべきこと」がリストに加わって
結局ずっと追いかけられて、の繰り返し


不意に思い出した
オーストラリアでの生活
蒼い蒼い海を、飽きずに眺めたこと
よく冷えた白ワインと一緒に
時間なんてちょっとも気にすることなく
辺りが暗くなったら
ああ帰ろうか、みたいな


今とは
まるで対極にあるような生活を懐かしむ
そんなに遠い昔のことじゃないのにね
でも、戻りたいと思う訳じゃない


今の生活が
とても好きなんだけれどね
でもちょっと
温泉にでも行きたくなってきたかもなぁ
なんて思う雨の日




a0155144_00370648.jpg


# by makinakagawa | 2017-06-21 00:07 | | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 29日

The First Birthday


娘、1歳

何度も立ち上がっては
嬉しそうな顔をする
思い通りにならないと
汗だくになって号泣する
一丁前の小さい人

踊ること以外
何も欲しいと思わなかったけれど
もう貴女なしの人生は
考えられなくて

どんな子になるんだろうね
自我が芽生えてきた貴女を見ながら
未来を想う
健康で、優しい子でいてくれたら
それだけでいいな

命がけの出産から1年
「母になる」ということは
喜びも大変さも
何もかもが想像以上だった


みんなに、ありがとうの1年




a0155144_01095797.jpg







# by makinakagawa | 2017-05-29 23:42 | | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 22日

reunion


もう先月のことになってしまったけれど


フィンランド国立バレエ団が初来日
4年振りの再会は一体どんな感じなのかなと
興奮気味に向かったオーチャードホール
感動したりするのかな、なんて予想に反して
それはかなり自然で当たり前のものだった
週末を終えて月曜に顔を会わせたような
ただ普通の日常の1コマのような
でも、別れる時は寂しかった
4年前と同じように


そしてー、
踊りたいと思ったりするかしら、と
それはこの機会に
どうしても確かめたかったこと


ずっと自分の居場所だった大切な場所
客席に座って、聞き慣れた監督の声が響く中
時間は一気に戻って行く
舞台上の空気感や緊張感
袖から舞台へその一歩を踏み出すときの勝負感
いろんないろんな気持ちを
身体は自然に思い出したけれど
ギアは入らなかった
こっち側でいい、そう思った
そしてそのことにほっとする


自分が次のチャプターを
ちゃんと生きられていることが
そして笑顔でみんなに会えたことが嬉しかった


また次に会う時まで
See you soon!

a0155144_22550393.jpg






# by makinakagawa | 2017-05-22 16:24 | | Trackback | Comments(2)
2017年 03月 27日

1周年


綴っておきたいと
心の中は沢山の言葉で溢れていたのだけど
文章にならないまま
気がつけば3月も終わってしまう
1週間がもう1日あったらな、なんて


引地バレエスタジオ1周年
これからのことだけを考えていて
だから駆け抜けてきたこの1年を
しみじみ振り返ることも祝うこともしていなかったのだけど
生徒さん達からの
予期せぬお祝いのお花や温かい言葉に
とんでもなくじんときてしまった


日記に記してあったんです、と
その言葉にふんわりと包まれた
誰かの人生に自分たちが刻まれているという実感
嬉しさと、そして責任がじんわりと広がっていくのを感じながら
今まで一度だってしっくりこなかった
先生と呼ばれることに
ほんの少しだけ馴染んできたかもしれないと
初めて思った


嬉しいことも、面倒なことも、
正直舌打ちしたくなるようなことも色々あって
迷いながらの対応だったけれど
毎回深呼吸して、1つ1つ丁寧に向き合ってきたら
自分たちが大事にしたいことが自然と見えてきた
そんな1年だった


次の1年も丁寧に
わくわくしていけますように



a0155144_14244136.jpg






# by makinakagawa | 2017-03-27 14:40 | | Trackback | Comments(4)