Dancing for the Dream / fly from 水戸バレエ研究所

maki0602.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 10月 25日

テクノロジー


本は絶対に紙
その重さや質感を感じたい
何よりも、本棚から本を手に取る時のワクワク感
そうして出逢った新しい本を開き、引き込まれてゆくイメージは
小さい頃から変わらない
ネバーエンディングストーリーの主人公バスチアンが
大きな本を手に取り、物語に惹き付けられていくあのシーン
まさに、それ
あんまり強烈なイメージだったのか、図書館でわざと大きな本を借りたりもした
今でも大きい本にはワクワクする


18年の海外生活、本にはいつも飢えていた
読みたい本を手帳に記しては思いを馳せる
近くに本屋があったなら、生活がいかに潤うかといつも思ってた
帰国の楽しみは、心ゆくまで本屋に入り浸ること


最近、何の気なしに購入してみた電子書籍
その便利さに愕然とする
これは本屋じゃないか!
欲しい本が全て手に入る訳じゃないけれど
本が読めるのだ、しかも日本語の本が
すぐにダウンロードして読み始める事が出来るなんて、夢みたいだ
しかもバックの重さを気にせずに
何冊も持ち歩けるのもかなりの魅力


もちろん紙が好きだけど
大きな本への憧れも変わらないけれど
恐るべし電子書籍、
はまってしまいそうだ







a0155144_11510385.jpg


by makinakagawa | 2014-10-25 12:53 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://maki0602.exblog.jp/tb/20319838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-10-28 13:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makinakagawa at 2014-10-29 14:26
>sumie
だね;)


<< 粕谷辰雄先生      月曜日、晴れ >>